ライターのペンネームの決め方について|実名での活動は少ないです

Webライターで働くにあたり、ペンネームを多用するようになりました。ちなみ本サイトの管理人としてはK’と投げやりな筆名にしていますが、業務委託で仕事を請け負っていた時や、現在の仕事でもペンネームを使ってコンテンツを公開します。

今後、本サイトの名義もK’でなくちゃんと名乗ろうかなと思っていたところ、この前TBSラジオで評論家の荻上(おぎうえ)チキさんが、たまたまご自身のペンネームついて語っていました。

ペンネームの決め方は多種多様

私はいつもラジオアプリでTBSラジオの『荻上チキ・Session-22』を聴いていますが、この前(4月下旬くらい?)のオープニングでメインパーソナリティのチキさんが、自分の名前の由来について言っていました。

どうやら元々は『チキ』というハンドルネームでしたが、本を出版する際に名前もあった方がいいということになり、アニメのキャラクターから取って『荻上チキ』というペンネームにしたそうです。

架空人物・キャラクターを参考にするケースもあります

チキさんの由来を聴いて『へえー』って感心しました。著名な方でもそうやってペンネームを付けることがあることにちょっと驚きましたが、架空人物やキャラクターの名前を使うというケースはあるっちゃあります。小説家の筆名でも、好きな作品の登場人物の名字を取った、という話とかありますので。

ちなみに私は、新人賞に応募する際には『春里亮介』名義にしています。これももちろん実名ではなく、『春里』という名字が昔から好きだったのと、小説家・五條瑛氏の作品(革命シリーズ)に登場する『亮司』という人物に寄せたペンネームにしました。

長く使うこともあるから慎重に決めるべき?

チキさんはラジオでペンネームの由来に加えて、ペンネームを決める際の注意点についても語ってくれました。はじめは『荻上チキ』名義で長々と活動することなど、あまり考えていなかったようでしたので、ペンネームはちゃんと決めた方がいい、とのことです。

それと、一過性の時流(ブーム)を含んだネーミングも、長期で名乗る上ではあまり…良くはないかな、みたいなニュアンスでチキさんが触れていました。

(間違っていたら申し訳ございませんが)恐らく2004年頃に放映されていたアニメ・げんしけんのキャラ(荻上千佳)が由来だと思われます。確かに当時は流行っていたアニメや漫画でも、時間が経てば作品に対する愛着だとか周囲に対する説明が、ちょっと難しくなりますからね。

ちなみに私の小説家志望名義『春里亮介』は、それほど愛着はありません。だったらペンネームを変えればいいかなと思いつつ、そもそも小説家デビューなんてできっこないし、一次選考で落ちているし、なんでもいっかみたいな感じです。

参考:6年間で17作品の小説を書いた小説家志望の(稚拙な)アイデア紹介!

ペンネームは自分の半身みたいなもの

ライター業に携わると、自分の名前を名乗ることが少なくなります。人によっては3つ以上の名義を使い分けていることもあるでしょう。

私が別名義として仕事で記事を書いたり、小説家を目指して執筆する時は自分ではないんだけど、自らの半身が主体となって人生を歩み、困難と戦っているような感覚がします。

○○というペンネームで売れたい気持ちやサインを書きたい思いは、小説家志望あるあるです。新たな自分になって世の中に出て貢献していき、自分の作品を多くの方に認められる夢の中では、しっくりくるペンネームが必須です。

とまあ、荻上チキさんのように出版の時など実際に仕事をする時でないと…考えるだけ無駄だと思う方もいるかもしれませんが、今後数年数十年にも渡って名乗っていくペンネームは適当ではなく、しっかりと決めた方がいいでしょう。

参考記事 ▶️ ライターのなり方・仕事内容について|おすすめの転職方法は?