20代後半の転職は上手くいかない?|未経験での転職で気をつけておくべきこと

20代後半で転職を考えている方は、ある程度社会人経験を積んだ中で『今の会社で勤め続けることに対する不安』などで、今後のキャリアプランを見直していることも多いです。

ただ、20代後半からの転職は決して遅くなく、未経験者(ポテンシャル)採用でまだまだ応募できる年代ですが、未経験の場合はある程度覚悟しておくことがあります。

20代後半での転職にチャレンジしようとしている方は、

  • 20代後半での転職で成功するために知っておくべきこと
  • 未経験での転職でのメリットとデメリット
  • 20代後半におすすめな転職サイト

以上のポイントについて確認しておくといいでしょう!

20代後半での転職で心掛けておくべきことは?

20代後半からの転職では、新卒からずっと携わってきた職種でキャリアアップを図ることや、全く違う未経験の仕事にチャレンジすることなど、転職希望者によって様々なパターンがあります。

経験者での転職の場合|転職で求めていることを明確に

20代後半からの転職でキャリアのある経験者として応募する場合、次の会社で何を求めているかという優先順位をまずはハッキリさせた方がいいでしょう。

【転職先に求めていること】

  • 年収のアップ
  • 残業時間の少なさ
  • 業務内容の専門性・社会貢献性
  • やりがい・マネジメント
  • 企業ブランド
  • 勤務地
  • 将来性・安定感

経験者での転職では『なんとなく年収を上げたい』とか『もっと残業時間が短いほうがいい』など、漠然とした希望で考えている方も中にはいますが、少なくとも3年以上の経験者は会社側からの期待が強く、求められているハードルは高いです

そのため、安易な気持ちで面接に臨んでも動機不十分で落ちたり、仮に採用されても『前の会社の方がよかった…』とミスマッチが生じる可能性があるため、転職先で自分は何を求めているのか、具体的なイメージや数年後の自分をしっかり考えておくといいですね。

未経験からの転職の場合|未経験なりにチャレンジしたことをアピール!

20代後半からの転職ではジョブチェンジをする方も多く、私も27歳に営業職からWebライターの仕事へと移りました。

ポテンシャル採用では違う業界で頑張ってきたことや適正から判断されますが、未経験からの仕事を希望するにあたり、自分が何をしてきたかをアピールすると、より採用される可能性が高くなります

【未経験者での転職面接アピール例】

  • Webディレクターへの転職|GAIQAdWords認定資格など業務に関連する資格を取る
  • エンジニア(プログラマー)への転職|プログラミング言語の独学
  • デザイナーへの転職|スクールに通って自分でサイトを制作

私がWebライターの仕事を始めた際も、独学でライティングを覚えてからクラウドソーシングで受注をしました。

それからライターのアルバイトを始め、正社員の会社へ転職して、さらにマーケター全般の仕事へとジョブチェンジをしていくようなステップアップが2年ほどかけてできましたので、地道ですが0を1にするための経験を自力ですると後になってから『チャレンジしてみてよかった!』と思えるようになれます。

関連記事 ▶️ ライターの仕事・なり方を解説!

転職回数が多い方の対策|不利である分、次の転職を絶対に成功させる

20代後半で2~3回くらいの転職経験があると、わりと『転職回数が多い』とマイナスイメージを持たれることがあります。実際、わたしも29歳までで3回ほど転職しましたが、面接でよく『勤務期間が短いですね』と言われることがありました。

最近では転職回数の多さについてあまり考慮しない、グローバルな考えをもつ会社も増えてきましたが、それでもまだ日本の企業は勤務期間重視のところが多いですね。

むしろ、優秀な人ほど様々な会社へ渡り歩き、チャレンジを拒み能力のない人ほど転職せず勤務し続けるといった認識の方がグローバルスタンダードな気がしますが、日本で働く以上は仕方ないようです。

ですので、20代後半で転職回数が多い方は『次の転職で絶対成功させる!』といった熱意を持って取り組むといいでしょう。成功というのは長期間の勤務や役職を得ること以外でも、スキルを得て独立するための準備といったことも全然アリなので、時間を無駄にしない前向きな転職として次の会社を探してみてはいかがでしょうか。

【転職の関連記事です!】

▶️ 転職エージェントのメリット・デメリット

▶️ IT業界の転職で評価される志望動機って?

20代後半の転職で未経験の仕事にチャレンジするメリットとデメリット

転職ではやはり、経験している職種よりも未経験の方がリスクが大きく、転職して失敗してしまったケースも多いです。未経験の転職自体は悪い選択ではありませんが、決して良いことばかりではない現実について確認しておきましょう。

未経験からの転職メリット|20代後半からはじめた方が良かったジョブチェンジも

未経験から転職するメリットとしては、以下の通りです。実際に私が経験して思った、個人的な意見もあります。

  • 適正のある仕事に就ける(ストレスの軽減)
  • 自分にとっての強みや自信につながる
  • 前職の知見・経験を活かして高いパフォーマンスを発揮できる

自分にとって向いている仕事ができるメリットもありますが、複数の職種を経験できる強みも大きいですね。

たとえばデザイナーからWebディレクターに転職した方は対応可能な業務の幅が広がり、営業職からコンサルタントへの転職ではセールストークを活かして短期間で成長できたり、といった可能性があります。

20代後半での転職では特に、複数の職種で仕事をしたことが30代になって実を結ぶことにつながるので、未経験からチャレンジする価値はあるでしょう。

未経験からの転職デメリット|覚えることがたくさん・年収ダウンなど

ただ、未経験からの転職では以下のようなデメリットもあります。

  • 一からの業務になるため仕事以外の時間でも自主学習が必要
  • 年収が下がり新卒基準くらいまで少なくなることも
  • 仮に失敗したら30代になって再度ジョブチェンジする必要も

20代後半という年代層ではまだ良いですが、仮にジョブチェンジに失敗して次の転職になると30代になるため、より転職活動が厳しくなります。また、未経験では多くの場合年収が下がるので、経済的にも問題ないか計画的に考えるといいですね。

20代後半の転職活動でおすすめの転職サイトは?

20代後半向けの転職に関する注意点などご紹介しましたが、ほかにも転職サイトやエージェント選びも重要ですね。専門性を高めたり、未経験からのチャレンジなど目的に応じて使い分けるのがいいでしょう。

未経験者でもご紹介できる求人の多さや評判の良さでは、ワークポートが有効活用できます。また、エンジニアやクリエイターでフリーランスを目指す場合、案件の豊富なギークスジョブがおすすめです。

▼こちらも注目されている記事です!▼